Date

夏バテは食事から

夏バテに負けない体を作る
Breast Cancer Ribbon

私の夏バテ対策、食事編

夏バテ対策、色々あると思います。

まず思い浮かべるのは食べ物ではないでしょうか。

古くは万葉集にも書かれていますし、江戸時代には庶民の間にも、夏の暑さにはうなぎを食べるという週刊が確立されていたと言います。

そして私達は土曜の丑の日と言い、夏バテ対策にうなぎを食べるという風習をもっていますよね。

案外、うなぎ屋さんの宣伝ではないの?

と思われている方もおられるのではないでしょうか。

ですが、これには科学的にも証明されている理由があります。

単なるうなぎ屋さんの宣伝ばかりではないようですよ。

夏バテになる原因の一つに栄養不足があります。

うなぎは消化吸収がとてもよく、弱った胃腸には優しい食材です。

しかも含まれるビタミンAは他のどの食材よりも多いと言われています。

ウナギは含まれる栄養素がとても多く、万能食材でもあります。

うなぎを食べるという事は理にかなった事だと言えます。

ですが、ウナギだけでは他の栄養素がとれませんので、同時に野菜や果物もとるようにしたほうが良さそうですね。

うなぎの他にも夏バテ対策に必ず食べるという食材、皆さんもあるのではないでしょうか。

その時期に取れる食材、いわゆる旬の食材と言われる物は昔から日本では大切にされていますよね。

旬の野菜を食べようというキャッチフレーズのような言葉もよく耳にします。

旬の食材はその時期似合わせた食べ物ですので、自ずと夏バテ対策にもつながると思います。

ラッキョウや、にんにくなどもこの時期に登場します。

良く出来ているなと思いませんか。

ラッキョウやニンニクを食べると、不思議に元気が出ています。

ニンニク自体に疲労回復などの効果があるとされていますし、含まれる栄養素も興味深いと思います。

最近では臭いのないという物も出ています。

ですが、ニンニクやラッキョウだけ食べているよりも、これらの食材の栄養素を最大限に発揮できる食材と組み合わせて食べるほうが、より効果的でもあります。

ニンニクはどんな食材にも会いますし、調理もしやすいですよね。

私が特に気に入っているニンニク料理はこちらです。

夏バテ解消法を確認

皆さんも是非、一度試してみて下さいね。

美味しいですよ。

Comments are closed.