Date

夏バテは食事から

夏バテに負けない体を作る
Breast Cancer Ribbon

上手に夏バテを乗りきろう

どうすれば夏バテを上手に乗り切ることが出来るのでしょうか。

管理栄養士、看護師や医師によりますと、生活習慣の見直しが第一だと言います。

治療を行いながら生活指導も同時に病院では行っているようです。

生活習慣の見直し。

まずは食事。

バランスのとれた食事を摂るという話しを聞きますよね。

バランスのとれた食事なんて、ちょっと難しいと思いませんか。

知人の看護師は、偏らないように食べる事、そしてインスタント食品に頼らない事と言います。

そう考えると、私にも出来そうかなと思います。

そして睡眠。

これは重要だと言います。

良い睡眠をとれるように、寝る前には食べない、飲まない、飲み過ぎない、夜更かししない事が重要のようです。

適度な運動も重要です。

自律神経を安定させるためにはとても効果的のようですよ。

そして入浴も大事ですね。

皆さんもご存知でしょうが、ぬるめのお湯にゆっくりと入ると言われていますよね。

上手に夏バテを乗りきる方法としてはありきたりなのですが、当たり前の事が大切だと改めて実感しますね。

夏バテの前に、じめじめとした梅雨が来ますね。

この時期も身体がだるい、重たいなんて感じている人はいないでしょうか。

私毎なのですが、夏バテを乗りきる方法というよりも、梅雨の時期を乗りきる方法に興味があります。

梅雨時に体調が悪いと感じる事が多いからです。

本当にだるいですよね。

何もする気が起こらない。

何をしてもだるい、身体が重いと思います。

そんな時期に昨年は職場で、梅干しを食べる、梅干しをお湯に溶かして飲むという方法が流行りました。

私以外にも体調不良の人が数名いたと言うこともあったのですが。

職場で毎日、1回は梅干しをお湯に溶かして飲んでいましたね。

そして毎朝、梅干しを食べていたことを思い出します。

そのおかげだったのでしょうか、身体が、重たくてだるくてどうしようもない、という思いをしなかったと思います。

今年も、そろそろ職場での梅干し作戦実行の時かなと感じています。

皆さんは、どんな対策をお持ちですか。

自分で対策を持っていると、安心もしますし準備も出来ますのでね。

Comments are closed.