Date

夏バテは食事から

夏バテに負けない体を作る
Breast Cancer Ribbon

夏バテは病気になるのか

夏バテ、皆さんも経験あるでしょう。

ですが、病気になるのか不思議に思います。

漢方薬もありますので、病気の一つと捕らえた方が良いのでしょうか。

夏バテのようだから病院に行ってくるという事、あまり聞かないと思うのですが。

知人の医師によりますと、病気の名前はいろいろとあるそうです。

例えば貧血や脱水症など。

そのような寝台名をつけて、その人に出ている症状に応じて薬や治療をすると言います。

実際には点滴やビタミン剤の補給、消化剤や食欲増進剤などの内服薬という所でしょうか。

そして、間違いやすい病気もあるとか。

いわゆる熱中症。

その他にも急性肝炎、糖尿病もあるようです。

ちょっと、怖くないですか。

単なる夏バテと思っていたら違う病気だったなんて。

知人の医師に、この話を聞いて驚いていたのですが、病院を訪れる人も、まさかという顔をしていると言います。

あなどるなかれという事なのでしょう。

気になるようであれば病院に行く事を進めるけどねと話してくれました。

私も今年は、夏を元気に乗り切るように生活を整えようと思います。

夏バテにはどんな症状があると思いますか。

だるい、何だかやる気が出ない、寝ても疲れがとれない、身体が重くて動けない、食欲はないなど様々にありますよね。

なぜ夏バテを起こすのでしょう。

その原因は人の身体が熱さに負けて自律神経が乱れるからだとも言われています。

自律神経は身体全体の機能に影響していると言われていますから、身体全体に症状が出るという訳ですね。

人間の身体は、暑さに弱いですからね。

対策として、身体を冷やせば良いのかと思われた方、いますよね。

今年は冷房をかけておこうと思われた方。

あながち間違いではありませんが、冷房の効きすぎも自律神経を乱す原因ともなります。

適当が一番良いと言う事なのですが、これが難しいですね。

そのために、対策としては生活習慣や食習慣を見直す事を進めている病院が多いと思います。

そう考えると、夏バテも病気の一つという事になりますね。

病気にも種類が沢山ありますから、体調不良を患っていることは病気です。

そう考えて病院で、治療をして貰うという事も対策の一つなのかも知れませんね。

Comments are closed.