Date

夏バテは食事から

夏バテに負けない体を作る
Breast Cancer Ribbon

子供の夏バテについて

子供と夏バテ、関係がなさそうに思いますよね。

ですが、古くから子供にもあったという記録が残されています。

ですが、現代ほど深刻な状況になることはなかったようです。

現代では、夏バテになりますと言いたくなるような環境が整っていると思います。

ゲームに夜更かし、甘くて冷たい食べ物など、上げればきりがありません。

ただでさえ、食欲がないと言うときに冷たい食べ物を食べると、胃腸は驚き下痢や腹痛という結果を招きやすくなります。

現代の子供達は,夏は冷房の効いた部屋でゲームをして夜更かしし、冬は暖房の効いた部屋でゲームやおもちゃで遊びます。

外に出て思いっきり身体を動かすという事が少なくなりました。

その結果、体力の低下や、免疫力の低下があると言われていますよね。

そして睡眠不足で自律神経も乱れ、体調を整えられず悪循環を招いていますよね。

私達の子供の頃とは随分と違っています。

もう一度、子供達の身体のために私達に何が出来るのか、考えなければならないのかも知れませんね。

夏に注意する子供の病気としては熱中症が上げられるのではないでしょうか。

熱中症対策のためにこまめな水分補給をしますよね。

この水分補給は熱中症だけでなく夏バテ対策としても効果的です。

ですが、水分補給と言いつつ、糖分の多い清涼飲料水などを大量に摂っていると、逆に危険があると言うことを皆さんはご存知ですか。

子供は大人に比べて汗をかきやすい、身体に占める水分量が多い事から脱水を起こしやすくなっています。

そこに清涼飲料水などの糖分の多い飲料を多量に飲むとペットボトル症候群、急性の糖尿病を引き起こす可能性があると言われています。

対策として水分補給していても、清涼飲料水などの糖分を多く含む飲料水だとすれば、身体の中で糖分を分解するためにビタミンを使う事になります。

結果、必要なビタミンは使われて熱中症や夏バテになりやすい状況になります。

子供に水分補給をするときには飲料水の種類に十分に注意して欲しいと思います。

清涼飲料水の危険性についての知識があるかないかでは、随分な違いがありますのでね。

Comments are closed.